ブログ 平塚漢方堂|神奈川県の平塚市に開設している漢方専門薬局。一人ひとりの体質にあった漢方治療を行っています。

家族内のインフルエンザ感染

2018年02月04日

国立感染症研究所が発表したデーターによれば、インフルエンザの患者数は前の週の2倍近くに急増しています。

 

特にインフルエンザB型は、熱もあまりです胃腸症状が現われます。症状が重くないので気づかず人に、とくに家族にうつしてしまうことがあります。

 

私の知り合いで、家族がつぎつぎにかかった方もB型でした。

 

家族がインフルエンザにかかったときは、接する時間が多いので特に注意が必要です。

 

インフルエンザの患者は、個室にしてできるだけ隔離状態にすることが大切です。

感染者は、他の家族にうつさないように、マスクをしましょう。

使ったマスクや鼻をかんだテッシュは、インフルエンザウィルスでいっぱいです。ビニール袋にいれて直接他の家族はさわらないように!

 

部屋はこまめに換気して、インフルエンザウィルスが充満しないように、また加湿をしてウィルスが活発に活動しないようにしましょう。

 

家族一人ひとりが免疫力を高めるため、十分な栄養と睡眠が大切です。

 

また、体調が悪いときはなるべく人と接しないようにし、インフルエンザ検査を受けましょうね。

インフルエンザウィルスは、体調が回復しても人にうつります。感染しやすい期間は、しっかり休み他の人にうつさないように注意ましょうね!